日本一の石段にて…松原大祐

松原大祐 閲覧ポイント:252Pts

6月17日(土)に美里町でおこなわれたイベント「白龍走」を取材しました。

今年で3回目となるこのイベント。
3333段の石段の頂上に誰が一番早くのぼるかを競うもので、通常は1時間半ほどかかるところ、優勝者はなんと26分で登っていました!!

いるもんですね~、超人が!(笑)

後輩の若手記者と一緒に取材したんですが、その後輩は済々黌の野球部出身!!いやぁ。さすがですね!
息も絶え絶え苦しんでいる僕を横目に颯爽と「先行きますね!!」
見事に置き去りにされました(笑)

上の写真はゴール後、本当は死ぬほど苦しくてうずくまって呼吸を整えたいところを、やせ我慢して精一杯の笑顔を作りました。(笑)

しばらくは両足の筋肉痛との闘いです…