うなぎの裏側!上田正恵

上田正恵 閲覧ポイント:2177Pts

3月に入り「もうすぐ春」というフレーズがしっくりくる頃ですね。
春といえば、色んな生き物が冬眠から目覚めます。
森の中から出てくるのは「こうもり」や「くま」、
土の中から芽を出すのは「つくし」、
では、海の中で活発に動きだすのは???

ヒントは写真の下部に写っている、かごの中にありますよ~(*^。^*)
ちょっと見えにくいかな・・・

うなぎ①

正解は「うなぎ」です!!!

実は、うなぎも冬眠しているんですね~。
うなぎが目覚めるこの時期に合わせて、先日、熊本港をはじめ緑川や白川でうなぎの放流が行われました。

うなぎ⑤

私も船に乗せてもらって、いざ出発!

うなぎ③

うなぎは、近い将来、絶滅が危惧されていて10月から3月末までは禁漁などの対策がとられています。
この日は、漁協関係者が大切な資源を守ろうと、30~50センチに成長したうなぎを放流!

うなぎ②

なんと、その数3000匹!
多いように感じますが、4ケ所に分かれて放流したので、アッという間に終わってしまいました(#^.^#)
放流は、15年前から毎年行われています。
その努力の甲斐もあり、採捕量(うなぎの稚魚=しらすが獲れる量)は安定してきているとのこと。
私たちがおいしくうなぎを食べられるのも、生態を守ろうと頑張ってくれている方々のおかげなんだなと感じた一日でした♪