また暑い夏がやって来た。高校野球も始まった。そして昨年と同じようにコケボウがバット片手に屈強な若者3人を引き連れて社長室に現れた。僕は先手を打って「今年はコラムで高校野球の話は書かないよ」と宣言した。

そんなことで引っ込むコケボウではない。バットで床をコンコンと叩きながら「ああら、寝ぼけているんですかぁ。高校野球はKABの看板のひとつ。社長だったら、ちゃんと仕事しなきゃ。これは命令ではございません。お願いでございます」ときた。言葉遣いこそ丁寧だが、暴力団の恐喝まがいで、不気味だ。僕は小さな声で「分かりました」と答えた。

図に乗ったコケボウはすかさず「ついでに高校野球のCMを今から撮ります」とのたまう。こちらの都合は全く無視。「いやあ、ちょっと・・・」と言い終わらないうちに、「はい、ここに立って。バットを振り回しながら青春フルスイングと叫んで」。かくしてあっという間に2本のCMを撮られてしまった。そのうちKABで流れるかもしれないが、僕の笑顔の陰には、いつものように涙があることを知ってほしい

今年は所用があって開会式には間に合わなかった。1回戦を見させてもらったが、やはり高校野球はいいなあ。KABの放送席、本部席に挨拶にも行った。ここにも活気がある。選手の掛け声や打球音がBGMのように聞こえる。気分は30年前、20年前に戻る。やはり高校野球には何ともいえない、青春の息吹を感じさせる雰囲気があるのだ。だから「高校野球は嫌いだ」と言いつつも、球場に行くのをやめられない。

この日はKABの中継車にも激励に行った。大きな車体に「KAB」の文字が踊っている。なかなか立派な車だ。いや別に自慢しているわけではない。現実はその逆で、中継車は借り物なのだ。

実はKABの中継車は開局以来のもので、あちこちガタがきている。耐用年数は15年といわれているが、既に2年前後、超過している。今年の夏の高校野球は乗り切れない。社内からは「この際、買い替えを」と、強い要望があった。まあ、全く買えないわけでもないが、デジタル化の放送機材に莫大な設備資金がかかっている。これから中継局も建てなければならない。これ以上、借金はしたくない。僕は涙を飲んで買わないことにした

たまたま先輩局のRKKが最新式の中継車を購入するという話を聞いた。それならこれまで使っていた車をレンタルできないかと打診。話はすんなり纏まった。社内からは「格好悪い」「恥ずかしい」「面子丸つぶれ」とか、いろんな声もでた。しかし、構うことはない。カニは甲羅に合わせて穴を掘るという。会社も経営力に合わせて資材を揃えなければ。というわけで、藤崎台球場に行かれた際は、レンタルの中継車もぜひ見学してほしい

さて、何を言いたいのかというと、打撃力が弱い、守備に難がある、投手がいまひとつなど、参加チームはいろいろ問題を抱えているだろう。でも実態に合わせて攻守していけば、必ず勝つ道がある。KABだって今は後発局の悲哀を感じているが、いずれ勝ち残っていくと信じている。

コケボウのひとこと

さーて、みなさん!今年も熱い夏がはじまりましたね。
なんだか大袈裟な話になってますが、社長の「フルスイング」もうご覧いただけました?
去年に引き続き、バットを振っての撮影になったのですが、
これがまぁ苦労したの何のって(涙)
1年経っているとはいえ、その間社長が素振りなんてやってるわけないし、
1年分の年齢を重ねた分(?)動きがおかしい
不気味だった・・・なんてセリフはこっちの台詞で、
そんなに広くない社長室でバットを振り回すものだから(お願いしたのですけど)
日ごろ恨みを買ってるのも知ってるし、
ヘルメットもかぶらず撮影に挑んだことをどれだけ後悔したことか。
こうして、無傷で原稿書けるのが奇跡に思えるほど、ものすごいスイングでした。
放送しているのは、多分100回くらいは振っていただいた後に、
なんとか形になったものですが、
あの形になるまでのワタシの苦労も、みなさんに少しはご理解いただきたい!!
若干ゴルフのスイング気味でしたが、あれでゴルフボールが飛ぶとも思えない。
社長のゴルフのスコアが伸びず悩んでらっしゃるのがわかった気がします。
でも、先に申し上げておきますが「伸び悩み」と今回の素振りの因果関係は、全くないと思われますので、悪しからず。
社長のフルスイングCMは、高校野球中継の中でOA中です。
裏話とあわせてお楽しみください!