間もなく秋の祭りの本格的なシーズンが訪れる。秋の祭りといえば、山、里、畑、田んぼの天地の恵みに対する感謝を表すものだ。日本では、年中祭りにあふれているが、秋の祭りほど充実したものはないだろう。

KABでもいよいよ、6,7日グランメッセで秋祭りを開催する。なにせ、看板だけは大袈裟「183万人の秋まつり」とか。まったく現実を無視している。とはいえ、この祭りのため、社員達は半年も前からいろいろ知恵を絞ってきた。もともとない知恵だから、絞ってもたいしたものは出なかったようだ。もっとも、これは謙遜目玉がたくさんありすぎて、どれから紹介したらいいか迷うくらい盛りだくさんある。

例えば、仮面ライダー電王スペシャルライブショー。同じくステージショーでは、Dr.ZUMAの超魔術王国が展開される。どちらも毎日2回から3回公演する予定だ。子どもだけでなく、歳をとったおじさん、おばさん達も満足すること間違いない食欲の秋のためには、何と言っても有名人気駅弁限定販売鮎屋三代やまぐち音羽家とずらりと並ぶ。

もっと注目されているのは、駅前TVサタブラのスタッフ達が作ったオリジナル弁当だ。県内の名産品ばかりを集めた三段重ねの豪華弁当限定だけに、みんな売り切れてしまわないか今から心配だ。

若者達の力の結集である、高校生元気マーケットも目玉のひとつ。10数校の高校生達が作った、農産物や加工品を展示して販売する。みかん、お米、野菜の詰め放題がある県産品コーナーと合わせ、お母さん達にはお得感いっぱいだろう。もちろん6日は駅前TVサタブラが、会場で生中継を行う。この他、ケービィーお祭り広場火の国ヨサコイステージや、玉入れ選手権などなど紹介していくときりがない。

とにかく親子連れ、家族連れで楽しんでいただきたい。なんといっても、1番いいのは「入場無料」ということだ。KAB社内では、この秋祭りで「大もうけしよう」という意見がないわけでもなかったが、ここはまず視聴者のみなさんに、感謝の気持ちを表そうということで、ただにすることにした。けちな僕にとっては、身銭を削る思いだ。

そうそう、大事なことを忘れていた。入場無料にできたのも、スポンサーのみなさんが、協賛してくれたからだ。この場を借りてお礼を申し上げる。やはりこうしたみなさんの理解と協力がなければ、KABの秋祭りは成り立たないんだ。

視聴者のみなさんには、行き損なって後のまつりにならないようにしてほしい。

コケボウのひとこと

熊本がいつまでも暑いのは、我が社のスタッフが、この「元気フェスタ」について、あまりに熱くなってたからかもしれません。
本番をこの週末に控え、社内はますます熱くなって最終の準備をしています。
今回は、アナウンサーも勢ぞろいしてみなさまのご来場をお待ちしております。
イベントの詳細については、ほぼ社長が紹介してくれたので割愛しますが、ニュースや番組でおなじみのアナウンサーが会場内をウロウロしていますので、お気軽に声をかけてください。
テレビ以上にKABのアナウンサー、ナイスです。
運がよければ(?)絶妙なボケっぷりをご覧になれるかもしれません。
画面ではおとなしい印象の宮地アナウンサーは、実はおしゃべりが大好き。
細谷アナウンサーは、ニュースで見せる堅い雰囲気と素顔は全く違います。
是非いろんなアナウンサーとお話ししていただいてファンになってくださいね。 会場でお待ちしております。