サクラの開花宣言まで、あと2週間。いよいよ花見の季節がやってくる。花見といえばサケ。「酒なくて なんの己が サクラかな」なんて川柳があったな。確か、落語の「長屋の花見」に出てきたと思う。

サケといえば、我が社内にも酒豪が揃っている。総じて営業部門に多い。仕事の付き合い上、酒席が多いからだ。中には仕事そっちのけで、呑んで回るのもいる。「呑むのが仕事」というのもいて、これは救いがたい。一番の酒豪を自認しているのが「ヨダレのM」君。なにせサケ(ビールでもウイスキーでも焼酎でも、アルコールであればいい)をみただけで、ヨダレがダラダラと流れてくる。ウソではない。僕は何度も見ている。

本人に言わせると、いくら呑んでも酔わないそうだ。ウイスキーなら軽く一本呑んで、物足りないとか。焼酎もお湯や水で割ることなく、グイグイ呑む。どうもヨダレで割っているようだ。ひょっとしたら、自衛本能からヨダレが溢れてくるのかもしれない。不思議なのは、家族にサケ呑みはいないそうだ。両親はもちろん、祖父母もサケは呑めない。そうなると、遺伝子の突然変異としか、考えようがない。

逆に、女性の酒豪No.1「デビルのI」ちゃんは、立派な血統書付だ。なにせ物心ついたころから、ジイサンに呑まされて、鍛えられたそうだ。だから中途半端ではない。いくら呑めるのか、本人にも分からない。「自分でどれくらい呑めるのか、知ることが怖い」だって。呑むほどに、焼酎ビンとグラスを持って宴席を回る。グラスに焼酎をドボドボ注いでは「さあ、呑みましょう」。一見、可愛らしいが、断ろうものなら「私のサケが呑めないの」と一変。だから「デビル(悪魔)のI」と呼ばれるのだ。

「底なし」といえば、アセリメちゃんと「流し呑みのN」さんが双璧。どちらも女性に見えるが、ビールに眼がなく、ジョッキがすぐ空になる。二人とも、表向きはすっきりした体型で、あの大量のビールは何処に入るのだろう。多分、体の半分は伸縮自在の胃袋かもしれない。ひょっとしたらつま先から頭のてっ辺までの全ての血管にビールを入れることができるのか。僕も何度か同席したが、あたかもビールをドブに捨てるがごとくだった。ちなみにデビルとアセリメは親友だそうだが、単なる「飲んだくれ」の悪友というだけだろう。あるいは同病相哀れむか。Nさんは3階にいる。

営業を除くと、男性の大酒呑みは少ない。忘年会や新年会では、女性の影に隠れるようにして呑んでいる。中には酒癖の悪いのもいるということだが、僕は幸運にも遭遇していない。そういえば時々、顔にアザがある社員を見かけたこともあったなあ。原因を聞いても教えてくれなかったが、ひょっとしたら、酒乱だったのかも。それでも女性陣の毒気に比べると、まだまだ可愛いものだ。

さて、コケボウはどうかといえば、ほとんど呑めない。アイスクリームにリキュールがかけてあっただけで、酔っ払ったというほど。もっとも日ごろの仕事振りが酔っ払いに似ているから、これも天の配剤だろう。

えっ、僕はどうかって。それは次回に。

コケボウのひとこと

大酒呑みが多い会社だということは、以前からこのコラムにも度々でてきますが、その大酒呑みのほとんどが実は女性だという事実が判明。
営業のおじさまだけをみていると、それはそれで大変なのですが、その上を行く女性陣。
何がスゴイってどれだけ呑んでも、基本的に顔色ひとつ変わらない
翌日も朝からシャキッと出社してくるのはもちろんのこと、アルコールは即エネルギー源となるようで、二日酔いのおじさまの百倍くらいの力を発揮してバリバリ働いております。
学生時代「大人」とは、スーツにシャネルのバッグを持ち仕事帰りには軽くバーのカウンターでお酒をたしなむ・・・ものだと思っていました。
しかし大人になった今、どんだけでも呑んでいいハズなのにラムレーズンアイスを食べただけでフラフラ
飲酒運転になってはいけないので、アイスクリームをいただきました現場からはタクシーで帰るハメに・・・トホホです。
ワインやカクテルをかっこよくたしなむ大人とは到底違う出来上がりになってしまいました。
アセリメちゃんやデビルちゃんは、どんな大人をイメージしていたのかな?
アイスでひっくり返る大人もイメージしてなかったでしょうが、何樽(何本とか何杯ではなく)呑んでもひっくり返らない大人になるとは、自分の姿形からして想像だにしなかったでしょうねぇ。
社長の飲みっぷりについては、次回にカミングアウトと本人が申しておりますのでそれを楽しみにしておきましょう。
ただ、日ごろから酔っ払いのような仕事ぶりだと私におっしゃいますが、その言葉そっくりお返しいたします!とだけは、ここでハッキリ申し上げておきます。

アセリメのひとこと

なんだか、化け物のような言われようですが、お酒好きは本当なので反論のしようがありませんね。
楽しいお酒を呑んだ翌日というのは、実にスッキリとした朝を迎えることができます。目覚めも最高♪仕事もはかどるんですよねぇ。
それで、時々思うのが、お昼間に1杯くらい呑んだ方が、仕事がはかどるんじゃないかと。。。

。。。さすがにダメですよね(笑)