どういうわけか、今年の秋は同窓会ブームになった。まずは今月初め、小学校の学年の同窓会から始まった。もちろん、熊本市内の学校だ。3年に1回、開かれている。ボクらの頃は4クラスあり、6年間、クラス替えなしだった。それだけに緊密な関係だった。今回の同窓会も約70人が参加。同窓生は200人ちょっとだから、すごい出席率だ。80歳代の4人の先生も出席された。

ところが、この同窓会も今回が最後という。各クラスが順番に当番になり、世話役をする仕組みだが、幹事の皆さんは相当、苦労するらしい。そこでクラス幹事が一巡したのを機に、今回限りとなったわけだ。

ちょっと待ってほしい。ほとんどの同級生がリタイアし、これから昔を懐かしみ、旧交を温める時期だ。それなのにおしまいにするとは、実に切ない。そこでボクは軽はずみにも、幹事を買って出て、有志の人と協力して、同窓会を継続することを提案した。もちろん、賛成者が大多数(だと思う)で、継続が決まった。念のために断わっておくが、同級生に初恋の人がいたからではない。

それにしても先生より老けて見える同級生もいれば、50歳代かと思える人もいる。長い間の人生の積み重ねが容貌にも現れるのだろうか。苦労知らず(鈍感が幸いしている)のボクはひときわ若く見える(はずだ)。髪を黒ぐろと染めれば、50歳前半ぐらいに見えるかもしれない。まあ、そんなことはないか。

つぎは、その約一週間後に某大学法学部のクラスの同窓会があった。こちらも4クラスあった が、同窓会が続いているのは、ボクらのクラスだけだ。伝え聞いて他所のクラスの卒業生も何人か参加している。前夜、宴会で、翌日、ゴルフだった。15,6 人が出席していた。これまでは2年に1回ぐらいの頻度だったが、これからは毎年、開くことになった。ボクも万難を排して、出かけるようにしよう。

そしてその一週間後、今度は高校の同じ学年の同窓会が開かれる。こちらは毎月1回、開かれて いる。ゴルフも2、3か月に1回、やっている。このところ何かと忙しく、なかなか出席できなかったが、今回は顔を出す予定だ。実は高校の方は、同じクラス の同窓会も毎月、開かれていたが、学年とダブるため、いつの間にか、中止になった。なお、高校全体の同窓会も、今月末に開かれる予定だ。

中学校の方は、学年の同窓会が5年に1回、開かれており、そちらは昨年あった。これとは別に、有志による小規模な同窓会が、毎月中旬に開かれている。最初の頃は、よく参加していたが、最近では、とんと御無沙汰している。なにせ出席すると、女性軍団にいびられることが多いからだ。

ちなみにKABでも開局20周年を記念して、退職者を中心にした社友会を作ることになった。これも、ある意味では同窓会といっていいだろう。それにしても同窓会が多すぎる。やはり将来(さき)が短いと、過去を振り返るしかないのか。といいつつ、次の同窓会が待ち遠しくなる。やはり年齢的なものもあるのだろう。

S姉さんのひとこと

はて、巷では、そんなにしょっちゅう開かれているものなのでしょうか?
ちなみに私の場合は、一番最近のもので、3年前の高校の同窓会です。
たぶんこれが卒業後初めての同窓会で、次は10年後とか。
あとは、中学の同窓会が十数年前で小学校は数年前。大学の同窓会になると、あったかどうかその記憶すら定かではありません。(もっとも、私の記憶力など全くあてにはなりませんが・・・。)
周りに聞いても、そんなにしょっちゅう同窓会をやっているなんて話は聞いたことがなく、やはりこれは、「将来(さき)が短いと」なのでしょうか?
でも、会長のお話だと卒業後ずっと定期的に交流があるようなので、単に仲が良いということなのでしょうね。新しく発足するKABの社友会も楽しみですね!

それにしても会長!50歳前半は言い過ぎです!!
いくら髪を染めてもそんなに若くは見えませんから。