民主党の小沢幹事長に対し、東京・検察審査会は「起訴相当」と議決した。しかも11人の審査員が全員一致してだ。今後、焦点は東京地検が果たして起訴するか、それとも不起訴とするかに移った。現時点で小沢氏は「何もやましいことはしていない」として、幹事長続投を表明しているが、国民の小沢氏、民主党を見る眼がさらに厳しくなることは間違いない。普天間基地移転問題も絡んで、政界はさらに揺れ動くだろう。

今回の議決については、いくつかの疑問を感じる。第一に、起訴して本当に有罪判決になると確信のもてる証拠供述・証言はあるのか。共謀については「強く推認される」とし、小沢氏の供述については「極めて不合理、不自然で信用できない」と断じている。これを読む限りは、明確な証拠というより、状況証拠に依拠している感じだ。さらに違和感を強く感じるのは、小沢氏を「絶対権力者」と呼び、起訴こそが「善良な市民としての感覚だ」としている。そこには感情論が働いているのではないか。11人全員が一致したというのも、何となく付和雷同的なものがあるようにも思える。

とはいえ、ボク個人としてはやはり「起訴相当」だと考える。国会の場での釈明もなく、記者会見での言動も、納得できるものではない。国民の「政治とカネ」にまつわる疑念は、払拭されないままだ。やはりここは裁判の場で、有罪、無罪を論議すべきだろう。純粋に法律的見地でなく、感情論が横たわっているといわれても、検察審査会の議決には、賛同せざるを得ない。

もちろん「疑わしきは罰せず」とか、有罪と宣告されるまでは無罪と推定される「推定無罪」という言葉や原則があるのは百も承知だ。そういった法律論や刑事法上の基本原則を踏まえつつも、政治家や権力者に対しては、一般国民よりもさらに高い行動規範倫理規定が求められるのではないか。

中国に「李下の冠、瓜田の履(くつ)」という諺がある。スモモの樹の下で冠をただすとスモモを盗んでいるのかと疑われる。クワの畑で履を履きなおすと、クワを盗んでいるのではと疑われる。君子はそんな疑われるような行動をしてはいけない、という意味だ。政治家も同じだ。いやそれ以上に言動は慎重でなければならない。

小沢氏が刑事責任を問われている問題は収支報告書虚偽記入事件だが、本当に問われているのは、その背景にある土地購入の問題だ。以前にも書いたことがるが、なぜ政治家が利殖と疑われかねない土地を買うのか。いくら秘書寮用地のためとはいえ4億円の資金をだすというのは、いくら小沢氏が抗弁しようとも、一般国民には信じられないことだ。「李下の冠」どころの話ではない。そういう政治家を「絶対権力者」として許している民主党も民主党だ。

ボクもかっては社長として権力のごく一部を握っていた。その当時、一番、気にしていたことは公私混同であり、自らの利益誘導にならないよう、戒めることだった。いまや会長として窓際に座り、権力のかけらも見当たらない。極楽とんぼの身上だが、君子としての行動規範は守っていくつもりだ。もちろん、比較しようのない話ではあるが・・・。

ヤッちゃんのタメ口

なんだなんだ。政治の難しい話しで始まったと思ったら(正直どうなるかと思ったが!)最後の最後は自分が“かつて持っていた権力”の話しか!!公私混同と言えば、広報の前担当者“コケボウ”を脅してCM出演ブログデビューを果たしたのを思い出す。挙句の果てにはアナウンサーの面々とのCM共演を無理やり進めるなど、“公私混同”が肩を揺らして歩いているような存在だった。

まあ、結果的に会社のイメージアップにつながったらしいんで(多分そう思う)ちょっとは社員から“献上”されている給料分の働きはしたのかな。うん。オレ様はやさしいから、そこは認めてやろう。

それにしても納得いかないのが、最近視聴の皆様から寄せられる意見の中に「会長のCMが見たい!」と言うものが意外と多いことだ!!なぜ?なぜなんだ~っ!!そうか、それなら一層のこと、広報担当であるオレ様の“”を使って“社長”に登場していただき(何度も言うがオレ様は社長派だ!)会長をこてんぱんにやっつけるCMを作ろう!!そうだ、それがいい!権力交代の姿を画面を通して視聴者の皆さんに見せつけてやろう!!

しかし、社長は仕事が出来すぎる方だからとてつもなく忙しい。CM撮影に協力してもらう時間があるのだろうか…。う~ん、オレ様も悩む…。