先週、広報担当のヤッちゃんにコラムを届けに行った。KABでは社員が原稿を取りに来るのではなく、ボクが直々に持参しなければならない。コケボウ時代から、社員とボクの上下関係が分かる悪しき慣習だ。とはいえ社員と直接、会話する機会も増えるし、職場の空気も分かるから、好都合ではある。別に皮肉を言っているのではない。

で、その時に、ヤッちゃんから「次のコラムは高校野球ですよ」と命令された。冗談ではない。ボクのコラムはボクが書きたいように書くのだ。そう言うと、ヤッちゃんは白眼を剥いた上目でジロリとボクを見て、「会長、なにを言っているの。高校野球はKABにとって、最大のイベント、コンテンツです。それを書かないというのなら、社長様に報告して、しかるべき処置を取ってもらう」だって。ボクは呼び捨てで、セナガアナゴこと植田社長は様付き。しかも「しかるべき処置」とは何事か。

だいたい高校野球ファンは、ごく一部ではないか。高校球児とその家族ぐらいだ。いまやサッカーに押されっぱなし。青春を賭けて白球を追うとか、汗と涙の試合展開とか、時代遅れでもある。とかなんとか、書かない理屈を山ほど考えた。でも単なる感情論ではヤッちゃんを説得できない。やはり、きちんとした数字の裏付けが必要だ。そこでボクはハタと気がついた。KABのホームページ(HP)へのアクセス数を調べれば、一目瞭然だ

ところが、ボクの意に反した数字が出てきた。KABのHPに、先月17日に県大会の組合せ表を掲載した。前日の16日にHPにアクセスしたヒット数は20万5175件。ところが17日にはなんと2倍以上の41万8562件に跳ね上がった。組合せ表を載せたのは午後6時だったにもかかわらずだ。その後、ヒット数は若干、下降線をたどった。しかし、出場校のチーム紹介を掲載した21日には37万3710件と、再び上昇。それ以来、高ヒットの同じ傾向が続いている。

まさに驚くべき数字。ちなみに昨年のヒット数を見たら、県大会の実況中継をした7月は、他の月に比べて倍増以上になっている。熊本県民は本当に高校野球が好きなのだ。ひょっとしたら時代遅れの県民性なのか。なんて皮肉をいっても始まらない。ここは素直に高校野球のことを書いておこう。

第92回高校野球選手権熊本県大会はいよいよ10日に開幕し、開会式が開かれる。今年の参加は67チーム。二ケタ奪三振ができる投手、1年生のスーパールーキーの打者とか話題に事欠かないチームが多い。シード校はどこも実力伯仲で、競り合いが見ものだ。チーム力のあるところも多く、甲子園でもそれなりの活躍も期待されている。ちなみにわが母校もいい投手がいるそうで、楽しみだ。

ボクも折に触れて応援にいくつもりだ。KABではできるだけ多くの実況中継を予定している。ぜひ、見てもらいたい。あっ、それからチーム紹介、開会式、試合のハイライトなど、全ての選手を登場させるDVDも発売する。枚数に限りがあるので、ぜひ事前予約されることをお勧めする。値段も安くなるよ。

ヤッちゃん、これでいいか。どうかアナゴ社長に告げ口しないでね。

ヤッちゃんのタメ口

高校野球の開幕がいよいよ7月10日と迫ってきたな。KABの社内は高校野球の準備に向けてバタバタしているが(報道は参院選の準備で忙しいが…)その空気を読めなかった会長も、オレ様の一声でようやく高校野球の大切さに気付くとは。最後に放送とDVDのPRをしたからよしとするが…。
今、KABは社内一丸となって高校野球中継に向けて準備を進めている。(詳しくは金曜日の朝に更新される『広報・細谷の「ほ~っ、そうや!」』(※注:連載は終了しました)を参考にしてくれ!)高校野球中継だけではなく、HPで高校野球に関する情報を皆様にお届けするのはKABの“使命”である。社員は社長様のもと一致団結して高校野球の開幕に向けて頑張っているのだ!!
と言うことで会長、高校野球期間中は高校野球の話題もしっかり書いてくれよな!!いえ、書いていただけると…助かります。ね、社長様!!