連休中、また東京にいった。これで二週間連続だ。別に東京が恋しくなったからではない。駆け出しの佐賀支局時代から付き合いのあった後輩が今年初め、急逝した。遺言で葬儀など一切、行われなかった。後輩はボクと違って、相当な才人で、慕う仲間も多かった。そこで昔の支局時代の仲間で「偲ぶ会をやろう」という話がまとまった。これは何を差し置いても出席しなければ、というわけで出かけたわけだ。

「偲ぶ会」には、ご子息や奥様、それに佐賀時代、足繁く通った小料理屋のママさんなど多彩な顔触れで、10数人が集まった。思い出話で盛り上がったのは言うまでもない。ついでに、ご本人の遺言は尊重するが、逝去されて一年以上たてば、盛大な「偲ぶ会」を開いてもよかろう、ということで一致。来年、盛大に開くことが決まった。

東京行きの目的は、もちろん、それだけではない。東京にいる彼女に久しぶりに会うことだ。もう3カ月ぐらい、会っていない。ボクは朴念仁だが、生身の高齢者だ。やはり会いたいに決まっている。断わっておくが彼女は二人もいるのだ。羨ましいだろう。二人とも、ボクの顔を見るなり、人目もはばからず、走り寄って抱きついてきた。以前より美人になっていた。ボクはつい、デレーッとなってしまった。えっ、彼女たちの年齢?君たちには関係ないだろう。どうしても知りたいなら、教えてやろう。小学1年生と、まもなく2歳になる

前回は彼女たちとディズニーランドに行った。その時、次回はディズニーシーに行く約束をしていた。本音をいうと、彼女たちよりボクの方が行きたいのだ。すでにランドには20回以上、シーにも10回ぐらい行っているが、どちらも飽きるということはない。息子夫婦は迷惑そうな顔をしている。そこで彼女たちを丸めこんで、彼女たちが「行きたい」「行きたい」と言うように教え込んでおいた。ボクは「仕方がないなあ」とか言いながら、心中では笑いが止まらなかった。

今回は、シ―の前日にテレビ漫画のアンパンマンミュージアムにも行くことにした。ミュージアムは横浜にある。入場料は1歳以上一人1000円。まあ、子供主体だから、仕方がないけど、ちょっとボリ過ぎだ。でも彼女たちが眼の色を変えて館内を走り回っている姿を見ると、安いとも思った

さて本番のシー。連休中とあって、どこも長蛇の列。最大で3時間待ちというところもあった。そういうところは「あっ、ここは面白くない」とか誤魔化しながら、40分、30分待ちのところを選んで回った。ボクは普通の行列は嫌いだが、ランドやシーの行列は全く苦にならない。行列している人の表情や態度を見ているだけでも楽しくなる。来年の「偲ぶ会」の時も、当然、彼女たちとランドかシー、場合によっては両方とも行く予定だ。しかし、それまで我慢できるか。場合によっては、あと1、2回、行くかもしれない。

話は変わるが、ヤッコダコがケービィーちゃんに対抗して、新しいキャラクターに挑戦するらしい。まだ噂の段階だが、あの容貌風体では、子供に好かれるのには無理がある。自費ででもアンパンマンミュージアムなどに行って、勉強してきたらどうだろう。

ヤッちゃんのタメ口

ディズニーランド…懐かしいなあ~。オレ様が初めて行ったのは高校3年生の秋
大学への統一試験の翌日、同級生8人と(男のみ…)遊びに行った時だったなあ~。それから大学時代は“青春の大イベント”の時は(何かは勝手に想像してくれ!)ほとんどと言っていいほどディズニーランドにお世話になった。最近はどうなっているのだろう?
先週、ロアッソの試合応援で茨城県鹿嶋市に行った時にバスでそばを通ったが、ちょっとだけ胸キュンだったなあ~(しばし回想モードに突入…)
そうそう、会長が何やらオレ様が変身する“新キャラ”に対してうだうだ言っているようだが、ひょっとして主役の座をますますオレ様に奪われるのが寂しいのか?そう言えばこの前いろいろとオレ様に聞いてきたなあ。まあ、安心しろ。オレ様は“心が太平洋”だ。
ちゃんとPRには出演させてやるから(社長様からもぜひにと頼まれたし。社長様はやはりやさしい方だ!)安心してオレ様をサポートしてくれ!!
KAB元気フェスタに来ればオレ様の“新キャラ”に会えるはずだ!(ケービィーも真っ青の格好いいキャラだぞ!!)23日・24日グランメッセ熊本にぜひ来てくれ!!