一挙に春めいてきた。玄関前の沈丁花の蕾がほころんできた。庭先のアジサイやサンショウの芽が日ごとに膨らんでいく。モクレンの蕾も開き始めた。スイセンはすでに花盛りだ。気分的にもウキウキしてくる。わが社では、ひと足早く春満開というのがいる。制作部門のエース(?)「汚れヒゲ」だ。

先週の土曜日に結婚式を挙げた。ボクも披露宴に参加した。会費制の立食形式のパーティーだった。会場は溢れんばかりの盛況だった。ボクは「汚れヒゲ」に結婚式までにヒゲを剃れ「業務命令」を出していたが、完全に無視された。なんでも新妻のモモコちゃんが、ヒゲを剃るのに反対したそうだ。本当の理由はそれだけではなかった。

会場で親族を紹介されたが、何と「汚れヒゲ」の父親に兄弟、モモコちゃんの父親がみんな「汚れヒゲ」だったのだ。ボクは仰天した。ヒゲ一族の大同団結ではないか。ヒゲ繋がりの親族がゾロリと並ぶ光景は、それなりに迫力があった。親族以外にもヒゲ面のお客が異様に多く見えた。司会のヤッコダコまでが無精ヒゲのようだ。ひょっとしたら、あれは単に薄汚れていただけかもしれない。それは別にしても、結婚式前にヒゲを剃れば異端児扱いされてしまうことは確実だったのだ。

なぜヒゲなのか。「汚れヒゲ」に聞いたら「さあ、どうしてだろう。不細工な顔を少しでも隠すためかなあ」だって。とんでもない。ヒゲ一族はなかなかの男前揃いなのだ。ひょっとしたら女性除けのためかな。モモコちゃんも「汚れヒゲ」に余計なムシが付かないよう、ヒゲ剃りを拒否したのだろう。ボクもヒゲを伸ばそうかなあ

会場にはバアヤこと某仏料理店のマダムも来ていた。ボクが「暴力バアヤ」と書いた(⇒"Vol.294 逆DV系!?"参照)のを根に持って「訴訟を起こしてやる」と、いまだに騒いでいる。黒ずくめのなかなか粋な服装だ。ボクはつい「どうして喪服を着ているの」と言ったら、青あざができるほどぶん殴られた。やっぱり「暴力バアヤ」だ。そうこうしているうち軽快なジャンベが響いてきた。身体がリズミカルに動いてくる。つい、バアヤを踊りに誘った。ボクはルンバのステップを身軽に踏んでいるのに、バアヤはあっちへノタリこっちへノタリ。こりゃだめだ。まるで介護老人ではないか。これからは「要介護暴力バアヤ」と呼ぶことにしよう。

テーブルの一角に、無意味に騒いでいる一団がいた。真ん中にヤッコダコの前任の広報担当のコケボウがいた。周囲の若い社員から「オヒメサマ」と呼ばれている。ボクはわが耳を疑った。ひょっとしたら幻聴ではないか。しかし、何度聞いても「オヒメサマ」と聞こえる。たまりかねて若い社員に「君たちは何を考えているのだ」と詰問した。彼は箸袋に何かを書いた。そこには「汚肥女様」とあった。なるほど納得。

ただし、これはセクハラではないか。ところがコケボウはケロッとして「当て字はどうでもいいの。とにかくオヒメサマなのだから。ウオッホホホ」と、笑い飛ばした。さすが大物(決して体型のことではない)だ。人間としての器量も大きい。ボクは秘かに尊敬した。

さて12日はいよいよ九州新幹線が全線開業する。19日は記念イベント「城下町くまもと時代絵巻」だ。準備は着々と進んでいる。次回にご紹介する。

ヤッちゃんのタメ口

“汚れヒゲ”の結婚披露パーティーはなかなかのものだった。本物のアナウンサーが全員仕事のために“元”アナウンサーのオレ様が進行役をつとめたんだが、オレ様の実力を持っても収めきれないぐらい賑やかに盛り上がってしまった!(予定終了時刻から1時間半もオーバーしてしまった!)

パーティーのクライマックス

パーティーのクライマックス!愛を誓う夫婦の姿!!
なぜ頭にキスかは…大人な事情です!!

サタブラの道崎Pの“お祝いVTR”は感動ものだったし(オレ様のナレーションが更にVTRの質を高めていたのは言うまでもないが)出席した人たちからのお祝いの言葉はとても温かいものだった。
オレ様が自分の会社のことを言うのも変だが、会長や社長様をはじめKABの社員は温かい人間ばかりだ!!社長様が1番だがな。みんな忘れているかもしれないが、オレ様は社長様派だ!!)うん、これは自信を持って言える。そんな社員が作っている番組だ、絶対良いものに決まっている!
今度の土曜日・12日はいよいよ九州新幹線の全線開業KABでは1番列車が出発する前のあさ5時59分から(この時間がポイントだ!)特番を放送する。旅サラダ(⇒旅サラダ HP)も熊本からの中継。(コケボウが担当する)そして、サタブラ(⇒駅前TVサタブラ HP)も9時30分から放送と、30分拡大しての新幹線SPだ!
12日は朝からKABの番組でぜひとも楽しんでくれ~!!
おっと、会長の話のフォローを忘れてオレ様の本職である広報の話に熱が入ってしまったが、まあいいか。コケボウの話だしな…。