このところボクの感覚というか、考え方というか、どうも世間と、ズレているように感じる。いや決してボケているとか、認知症気味というのではない。新聞やテレビで騒がれていることが、どうにも納得できないのだ。例えば、つい先日、経済産業相を辞任した鉢呂吉雄氏の問題だ。

原発事故の現場視察に出かけた鉢呂氏は原発周辺の自治体を「死の町」と表現した。帰京後、記者団に「放射能をうつす」と語った。どちらも確かに被災者や自治体の人達の感情を逆なでし、不快感を抱かせる内容だ。軽率な発言であったことも間違いない。マスコミは大騒ぎし、野党も激しく攻撃した。「政治家にあるまじき発言」というわけだ。

そこまでいくと、「ちょっと待ってくれ」と言いたくなる。「死の町」発言は、「だから復興・復旧を急ぎ、全力を挙げないといけない」と続く。善意に考えると復興・復旧を強調するための発言だったのかもしれない。もう一方の方も、ほとんど軽口の部類で、真面目に喋ったとは思えない。それをあたかも鬼の首を取ったがごとく、追及する。前後の脈絡もなく、片言隻語にとらわれ過ぎていないか。一種の「言葉狩り」とも思えてくる。さらにマスコミが騒げば騒ぐほど原発事故の本質が見失われていく恐れもある。自民党は野田首相の任命責任を国会で追及すると息巻いている。しかし、それ以外に本当に追及すべき問題は山積しているのだ

ボクには軽率な発言を陳謝し、取り消せばすむ問題だと思える。被災者の心情を考慮すれば、そんな段階の発言ではないと、大方の人達は考えるかもしれない。だからボクの感覚は世間とズレているとも思えてくるのだ。心配になったボクは数人の意見を聞いてみた。ところが、返ってきた返事は、ボクの考えと余り差はなかった。中には「最近はヒステリックな反応が多すぎる」との指摘もあった。

ボクが政治部記者だったころ、オフレコ会見とか懇談という機会が多かった。オフレコの場合は、もし記事にする時は、政府首脳とか党幹部とかの表現を使うのが、鉄則だった。それが記者と政治家の信頼感を繋ぐ基本でもあり、政治家から本音を引き出す手立てでもあった。そうした鉄則が崩れてきているのではないか。そうなると政治家たちは失言を恐れて、本音を話さなくなってしまう

野田首相は、就任会見をして以来、記者団との会見はなく、官邸でのぶら下がり取材も影を潜めた。マスコミと会見しないということは、国民との対話もないということを意味する。野田首相が、会見をしないという根底には、やはり失言を恐れ、新たな火種を作りたくないという配慮が働いているように見える。今回の鉢呂氏の問題で、さらに首相や閣僚の口が閉ざされることになりはしないか。「羹(あつもの)に懲りてなますを吹く」ことにならないといいのだが。

ところで、ボク自身のことで言えば、失言は日常茶飯事だ。あまりに多すぎて、みんな呆れ果てて、追及するものもいない。アナゴ社長も諦めているようだ。それで世の中、うまく行くのだマスコミのみなさんも考えを改めた方がいい

ヤッちゃんのタメ口

終業時間ギリギリに(ちなみに、きのう・14日は月に1度のノー残業デーだ!)この原稿を持ってきたかと思えば「早く持ってきても、どうせHPにアップするのは遅いだろう」とか、「君にはこの原稿は難し過ぎるだろう」などと捨て台詞を残して去って行った。最近のオレ様の活躍振りに嫉妬してだろうか?姑息な手段で嫌がらせをするとは…、覚えておけよ!

さて、会長が書いていた“失言”についてだが、オレ様もちょっと“あら探し”のような雰囲気になっているのが正直気になる。特に内容の1つが「オフレコの場」と言うのもちょっとなあ〜。オレ様は会長と違って政治関連の取材経験はないが、スポーツの取材でもオフレコの話と言うのはよくある。怪我の話であったりチームの話であったり、個人の問題であったりもする。結果がプラスに出た時は、1つのストーリーとして本人に許可をもらって原稿のエッセンスとして加えることがごくまれにあったが、ほとんどの場合はその場限りの話で終わる。基本的に原稿にしてはいけないし、その場限りの話だと考えていた。“失言”は確かに言葉が向けられた相手の心情を考えると許されるものではないと思うし、立場を考えての発言は必要だと思う。しかし、その言葉の中にどこまでの“悪意”があるのか。発言者が開き直って謝罪しないならまだしも、過ちを認めているのなら…。本来すべき仕事や役割に成果をきちんと出せるなら、そっちの方が重要だと思うがな〜。

おっと、オレ様はなんで会長の原稿に同調しているんだ!まあ、会長の“失言”は妬みの1つだと分かっているから、社長様をはじめ心優しい社員見逃してやっているがな…