今回も、硬い話で恐縮する。落ちぶれたりとはいえ、かつてジャーナリストの片隅にいたこともあり、やはり特定秘密保護法の成立については一言、喋っておきたい。このままでは国民の知る権利が疎外されたり、表現・報道の自由が損なわれる危険性がある。法案成立後にグダグダいっても始まらないかもしれないが、長い目で今後の動向注目していく必要がある。法案成立後の世論調査では安倍内閣の支持率が急落したが、これも国民の不安と怒りの表れだろう。

安倍総理は法案成立後、「説明不足だった」と陳謝した。しかし「説明不足」だけでかたづけられる問題ではない。そもそも総選挙前の公約に秘密保護法の話は全くなかった。首相の国会での所信表明演説にも一言もなかった。おそらく政府・自民党は相当以前から入念な準備作業を重ねていたはずだが、法案提出まで表に出ることはなかった。ボクも準備が進んでいることは知っていたが、こんなに唐突強行採決で成立するとは思いもしなかった。

これまでの経過を考えると、政府・自民党への不信感が増してくる。詐欺とまでは言わないが、国民の意向(一部かもしれないが)を無視し、国会の良識軽視してきたことは事実だ。あと3年間は総選挙もなく、次の総選挙の時までには国民の記憶も薄まり、自民党の安定政権は続くと読んだのか。内閣支持率の急落は果たして一時的なものだろうか。自民党としては消費税増税と合わせて景気回復政策を推進し、成果が上がれば支持率も回復すると読んでいることは間違いない。

かつて自民党内には政権中枢にいても正論を吐き、時の政権の独走態勢を批判する政治家は必ずいた。古くは幹事長、衆院議長を務めた前尾繁三郎、最近でも幹事長だった野中広務、官房長官や副総理だった後藤田正晴などいくらでもいたものだ。それが今や表から見ると自民党内は「イエスマン」の集団にしか見えない。自民党政権にとって決していいことだとは思えない

もうひとつ、昔の話をすると、野党が反対する法案に、自民党の知恵者は必ず「のりしろ」をくっ付けていた。国会論議や与野党折衝の中で、自民党は「のりしろ」の部分を野党に譲る。野党は顔を立て、自民党は「のりしろ」以外の実を取る。時には強行採決の形をとることはあったが、ほとんどは与野党間で話はついていた。ある意味、権謀術数の世界かもしれないが、民主主義の形だけは守られてきた

それが、今回は下世話で言うと「やらずぶったくり」ではないか。法案自体も疑問だらけであり、論議すべき課題山積している。それなのに質疑打ち切り強行採決となると、まさに国会論議の空洞化であり、民主主義の形骸化になりはしないか。そんな政府・自民党が「表現・報道の自由は守る」と言っても信じられるのだろうか。もちろん野党側の不甲斐なさ力量不足は言うまでもない。ボクが一番心配なのは、頼る政党もなく、国民の間に政治離れ政治不信蔓延することだ。前回の総選挙の際にも低投票率にその片鱗が覗えたが、さらに拍車がかかる恐れがある。

S姉さんのひとこと

特定秘密保護法、成立してしまいましたね。
首相の口約束だけでは何の保証にもならず、どのように運用されるのか不安を感じます。
このような不安をなくす為にも、十分に審議されるべきであったのに、その成立の仕方が強引だったことが、さらに不安を募らせます。顧問の言われるように、成立してしまったものはいまさらどうにもなりませんが、今後の動きには注目していく必要がありますね。

さて、今年も残すところ、あと半月ほど。なにか、ぱぁ~っと、心浮き立つような話はないものでしょうか?ここはひとつ、顧問の手料理憂さ晴らし忘年会でもやりますか!?