~みんなの仮説検証バラエティ~スポーツ!一家言調査隊

一家言IKKAGEN

草野球ではショートは一番下手くそにやらせろ【認定】

草野球でショートに打球が飛ぶ平均は1試合2球、だから下手くそに守らせればいい。
草野球では外野を抜かれたら長打になってしまうので、外野の方が重要。
ショートが捕れなくても後ろにはレフト・センターが控えているので良い。
ピッチャーは元々上手いので二遊間のゴロはピッチャーが捕れてしまう。
三遊間のゴロもサードが捕れてしまう。
つまり、上手い選手をサード、レフト、ピッチャーに配置することでショートへの打球のほとんどをカバーできてしまう、ということ。
今回の検証では、両チーム併せてレフト12球、サード8球、それに対してショートはわずか2球という結果に。