5ch(ファイブチャンネル)

放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE

平山郁夫展 ~シルクロードから薬師寺へ~

平山郁夫。
現在の広島県尾道市に生まれ、1945年に広島市で被爆。
後遺症に苦しみながらも仏教やシルクロード、世界の文化遺産などをテーマに東西文化の交流を壮大なスケールで描いた日本を代表する日本画家のひとり。

平山郁夫の没後5年にあたり、代表作など約100点を展示し、60年余の画業を回顧した「平山郁夫展 ~シルクロードから薬師寺へ~」を熊本県立美術館で開催中。

5chのMC3人は平山郁夫の名作の数々を、学芸員の井上正敏さんの解説を聞きながら鑑賞した。

中でも見所は大唐西域壁画(だいとうさいいきへきが)下図。
20年の歳月をかけて完成した薬師寺玄奘三蔵院(げんじょうざんぞういん)の総延長40mの下図を熊本で初公開したものだ。

そこには薬師寺のミニチュアも展示され、下図と完成画の比較も楽しむことができる。

[熊本初公開]薬師寺の大壁画の原寸大の大下図 全13面(※掲載は一部)

[熊本初公開]薬師寺の大壁画の原寸大の大下図 全13面(※掲載は一部)

流砂浄土変[1976年 エール蔵王 島川記念館蔵]

流砂浄土変[1976年 エール蔵王 島川記念館蔵]

アンコールワットの月[1993年 平山郁夫美術館蔵]

アンコールワットの月[1993年 平山郁夫美術館蔵]

平山郁夫展 ~シルクロードから薬師寺へ~

【会期】2014年9月18日(木)~2014年10月24日(金)
【会場】熊本県立美術館 一階展覧会場
【休館日】月曜日
【入場料金】一般 1,200円(1,000円) / 高校・大学生 800円(600円) / 小・中学生 400円(300円)
※( )は前売り、及び20名以上の団体料金