5ch(ファイブチャンネル)

放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE

ピアノ調律師 小山博幸

「ピアノ調律師」…ピアノの音程を整えるだけじゃなく、音色や鍵盤のタッチの調整など、ピアノを演奏する上で欠かせない作業をする人のこと。

熊本市東区月出の「ピアノハープ社」所属の調律師・小山博幸。
ピアノ調律の知識や技術の高さを示す国家資格・一級ピアノ調律技能士に、今年3月合格したベテラン調律師。

ピアノは木や羊毛など、天然素材が多く使われているため、少しの温度変化で収縮を起こす。それにより、ピアノの音を出す弦にかかる力の具合が変わるため、調律が必要になるのだ。

100分の1ミリ単位で弦を締めたりゆるめたりして音を調律していく作業。
自分の耳を頼りにやらなければならないので、相当な鍛錬を積まないとできない仕事といえるだろう。

「ピアノハープ社」では、この夏初めて「ピアノ分解体験会」を開催。
小学生がピアノの調律と修理などを体験した。

今後は、ピアノを習う子どもたちや指導者に、自分の持っている知識や技術を伝え、練習に活かしてもらえるような活動にも力を入れていきたいとのこと。

ピアノに触れる機会があったらぜひ、縁の下の力持ち的存在の調律師にも思いをはせてもらいたい。

ピアノハープ社
熊本市東区月出6丁目3-20
TEL:096-386-8248

各ページに記載している内容は、取材・放送及び掲載時点のものです。
ご理解の上、ご利用ください。