5ch(ファイブチャンネル)

放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE

造形屋 髙森大輔

建築などの世界において、壁に装飾を施したり、立体造形物を手がける者を総称して「造形屋」と呼ぶ。
まだまだ新しい分野だが、熊本にこの「造形屋」のスペシャリストがいた。
玉名市の岱明町にあるD-projectの代表・髙森大輔。
これまでに、住宅や店舗の壁を造作したり、某有名テーマパークなどの造形物を手がけてきた。
熊本では、熊本市役所前の電停の石積みや熊本市動植物園のユキヒョウゾーンの岩など、身近なところで髙森の造形物を目にすることが出来る。
D-projectの代表的名仕事が、「モルタル造形」と「エージング塗装」。
モルタル造形は、通常より分厚く塗ったモルタルを彫って、岩やレンガなどの形を表現し、本物のように作り上げるもの。
エージング塗装は、わざと剥がれているように見せたり、塗装で汚れやサビをつけたりするなど、古いものに見せる美術手法のこと。
番組では、木製のプランターにエージング塗装をお願いした。
髙森は、塗装の剥がれ具合やひび割れ、そしてサビまでペイントで表現し、全く違うものとして新しい命を吹き込んだ。
よりリアルに、そして自分にしか創れないものを求めて…。
今後も、造形屋・髙森大輔の仕事に注目だ。

「D-project」
https://aw-dpro.com/