伴都美子とAgri de キッチン

放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE

鯛のこぶ締めと春野菜のミモザ風ちらし寿司

3月は特別企画として、伴ちゃんと夏子先生が選んだ旬の食材で素敵なパーティーメニューを作ります。
今回は菜の花やアスパラガスを使って、パーティーの主役となる「鯛のこぶ締めと春野菜のミモザ風ちらし寿司」を作ります。

鯛のこぶ締めと春野菜のミモザ風ちらし寿司 作り方

材料(2合分)
  • 米 … 2合
  • 鯛(刺身用) … 1柵
  • 菜の花 … 4本
  • アスパラ … 2~3本
  • ゆで卵の黄身 … 1個分
  • 塩昆布 … 大さじ1程度
  • 白ゴマ … 大さじ1
  • めんつゆ(ストレート)… 大さじ3
  • 市販のすし酢 … 適量
  • 塩、砂糖 … 少々
作り方
  1. 米を固めに炊き、すし酢と塩、砂糖を加え酢飯を作る。
  2. 鯛はサイコロ状に切り、塩昆布と和え30分ほど置く。
  3. アスパラは根の固い部分の皮をピーラーでむき、菜の花と共にサッと塩ゆでする。ザルにあげ30分程度めんつゆにつけ軽く絞り、それぞれ3㎝長さの斜めに切る。
  4. 器に酢飯を盛り、鯛、アスパラ、菜の花をのせ、ゆで卵の黄身をザルでこしながら振りかける。
  5. 仕上げに白ゴマを散らして完成。
POINT
  1. ご飯を炊く際、出汁昆布を加えても良いでしょう。
  2. 市販のすし酢に塩と砂糖を少々加えると酢飯の味が締まります。
  3. 鯛を塩昆布で和えることで旨味が増し美味しくなります。
  4. 緑と黄色のコントラストが華やかで春の訪れを感じさせてくれるちらし寿司です。
  5. お祝い事が重なる季節、春爛漫の食卓を楽しんでくださいね。

各ページに記載している内容は、取材・放送及び掲載時点のものです。
ご理解の上、ご利用ください。