初めての?共同作業柴田理美

柴田理美 閲覧ポイント:421Pts

実は、以前からの念願でした!

開局30周年のKABとテレビ60周年のRKKとのコラボCM「RKKAB」、ご覧いただけましたでしょうか?

RKKの糸永有希アナウンサーは、同じ歳、同じ志を持ってアナウンサーを目指した仲間で、プライベートでも仲の良い友人なのです。

今回は特大(通常の3倍)のお好み焼きを2人で息を合わせてひっくり返すという、「共同作業」をテーマにしたCMでした。実は、はじめ、通常の1.5倍の生地を焼いて、思いのほかうまく完成させてしまったのです。これを見てRKKの藤本ディレクターが「じゃあ、その倍でやりますか」と提案することに・・・結果はCMの通りです。

こんなに大きなお好み焼き食べたことない・・・どこを食べても美味しかったです笑

今後も熊本の魅力を一緒に発信する機会があるなら、息をピッタリ合わせて、魅力倍増!でお伝えします。