福島と熊本の繋がり感じた5日間田中杜旺

田中杜旺 閲覧ポイント:174Pts

福島放送の山崎アナウンサーとの交換研修で福島に来て5日目になりました!!

 

初めての経験ばかりの刺激的な日々。

たくさんのことを勉強させていただいています!

 

4日火曜日には、福島放送の午後4時からの情報番組「ヨジデス」に中継で出演!!

郡山市の堂前町にある50種類もの福島の地酒や郷土料理が楽しめるスナック「SHOKU×SHOKU FUKUSHIMA」さんをご紹介しました。

 

福島の日本酒、美味しいですね~。

さんまのポーポー焼きなど、福島の食に合うお酒をオーナーがおすすめしてくれるので、初めてでも最高に楽しむことができました。

 

あまり経験のない、食リポにも挑戦しましたが、アナウンサー同期で系列アナウンサーの研修でも一緒だった坂寄アナウンサー(写真下段左)のフォローもあって、どうにかどうにかさせていただきました!!

 

そして、水曜日、木曜日には、福島県内を取材でまわり、夕方6時15分からのふくしまスーパーJチャンネルに出演しました。

(上段左から安藤アナウンサー、内田アナウンサー、土井気象予報士、下段が私でございます)

 

原発事故の被害を受けた楢葉町の仮設住宅や現在の町の状況を取材。

東日本大震災から7年半、

原発事故の影響による避難指示が長引いたことから、いまだに仮設住宅での暮らしが続く方がいらっしゃいます。

 

避難指示解除からは3年が経過し、町に戻っている方もいらっしゃるものの、若年層は都市部に移り住んでしまい、高齢化が顕著になっているようです。

 

熊本と共通した課題が多くあるように感じました。

 

しかし、福島の方に

「熊本から来ました、取材させてください」と話しかけると

必ず「熊本も大変ね、大丈夫?福島の経験が参考になればいいね」と声をかけてくださいました。

 

優しさを感じるとともに、熊本と福島のつながりを感じることができた5日間の経験を生かして、熊本でも伝えていければと思います。