SATABURA every Saturday 9:30-10:40
サタブラTOP KAB HOME
IMAGE
MENU
熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~

熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~ 彩りに富んだ気候と、四季が織り成す豊かな土壌に恵まれた熊本は、まさに「食の宝庫」。
このコーナーでは、「食」や「農」にまつわる様々な活動に取り組む人たちの想いを通じて、類まれな豊穣の大地「熊本」の魅力を改めて紹介します!

2014/09/20 O.A.
 

■ File.11 にしだ果樹園×洋食や花小町

熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~ にしだ果樹園を営む西田淳一さんは10年前から自然栽培に取り組み、現在は1年を通じて約30種類の果実(うち自然栽培は約10品目)を生産されています。
西田さんが実践しているのは、種まきから収穫にいたる過程はもちろん、農園で営まれるすべての作業を、月の満ち欠けに合わせて行う「月読み栽培」という農法。
雑草をはじめ虫や微生物に至るまで、この農園にいるすべての生物によって、唯一無二の果物が生み出されています。

熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~

熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~ 「選んでもらうために、食べる前の期待値を高めたい。」打ち出す商品ひとつひとつに、消費者の生活に交わるメッセージを添えることによって、食卓からでも果物の生育が想像できる「余白」を準備する。その時間までもが、農園の持つ特性を際立たせ、やがて果実というひとつの物語へと紡がれていきます。

限りなく自然な環境で育った果実は、雑味の少ない、爽やかな味わい!
四季を通じて、実りが循環していく、純粋な「旬」の味。是非一度お試しください!

熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~

Information
『にしだ果樹園/旬工房[果楽]』
【場所】 玉名郡玉東町
Facebookから注文できます!
https://ja-jp.facebook.com/nishidakajyuen
参考価格:月読みレモン 2kg 4,000円~ / 自然栽培太秋柿 1,500円~

そんな西田さんの作る「月読みレモン」と「自然栽培太秋柿」を用いて、新しいデザートを手掛けたのは、植木町にある「洋食や花小町」の本田広之さん。

熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~

生産者との直接取引の中で、ひとつひとつの食材と向き合いながら、毎日のメニューを決めるスタイルは、まさに一期一会。試行錯誤を繰り返しながら、そのとき最も適した料理を心がけることによって、食材の持つ物語を仕上げていきます。

熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~

「テーブルに出されるまでの時間を料理で伝えられたなら『食』はもっと豊かになる。」
生産者の思いが食材になり、その背景を知るシェフが料理を手掛ける。出来上がったひと皿の先には、人々の喜びが待っています。

熊本FOOD記~四季を彩る食の物語~

今日も、長い時間を掛けてひとつながりになる「食」の物語。個性豊かな食材が踊る「洋食や花子町」で、幸せなひとときをお楽しみください。

Information
『洋食や花小町』
【住所】 熊本市北区植木町岩野266-22(熊本市北区役所前)
【TEL】 096-272-3789
【営業時間】 ランチ 11:00~14:30 / ディナー 17:00~21:30
【定休日】 火曜
【Facebook】 https://ja-jp.facebook.com/uekihanakomachi

このページの上部へ