告白、そして僕は 〜ゆりかごに預けられて〜

朝日新聞デジタル「記者サロン」×KABINFO

記者サロン「命を守る現場から―『ゆりかご』『内密出産』問いかけるもの」朝日新聞デジタルにて配信

今年の5月に運用開始から15年を迎えた慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」。一昨年度までで159人の子どもが託され、命が救われてきました。また慈恵病院は、病院の相談・支援の担当者1人だけに身元を明かして出産する「内密出産」にも、日本で唯一、取り組んでいます。

妊娠を誰にも相談できず苦しむ女性たちが抱える背景はどのようなものなのか。託された子どもたちはどう育っていくのか。世の中では女性が自宅で出産し、そのまま赤ちゃんを死なせてしまう事件も後を絶ちません。追い詰められる女性と子どもたちをどう救っていくのか。慈恵病院の蓮田健院長と、この問題に詳しい山縣文治・関西大教授をお招きし考えます。

約1時間対談し、参加者のみなさんに事前に募った質問にもお答えしました。

参加費 無料
参加方法 申し込みされた方に、視聴用URLをお送りします
定員 なし
申込締切 7月7日(木)19:00

※朝日新聞デジタル有料もしくは無料会員への登録が必要です