KAB

【観覧者募集】KABミライプラスワン 2022

おしらせ

ただいま観覧の申込みを受付中です(限定100名)
申し込み方法はこちら

テーマ

熊本で働くということ
~どうなる?地方経済と職場環境~

コロナ禍で大きな変化を遂げている日本経済と企業での働き方。都市部ではリモートワークや休暇制度の充実、副業の解禁などが進む一方で、熊本はどうなのか。

今回のシンポジウムでは、これからの時代に企業が求める人材や、企業を選ぶ側のニーズなどについて現状を分析。その上で、地方での働き方、暮らし方、気になる地元経済の行方や変化について徹底討論。地方で働く意義を考える。

当日はKABのYouTubeチャンネルでライブ配信も! 会場から討論の様子をお届けします。
※ライブ配信はどなたでもご覧いただけます。
司会
  • ジャーナリスト
    池上彰

  • KABアナウンサー
    舩津真弓

パネリスト
  • 肥後銀行
    笠原慶久 代表取締役頭取

  • ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング
    慶児幸秀 技監 兼 熊本TEC長

  • ローカル
    吉永安宏 代表取締役社長

  • 熊本学園大学
    吉川勝広 商学部教授

  • ※大学生らが登壇し討論に参加します

開催日

2022年2月11日(金・祝)

時間

14:00~16:00(予定)

会場

熊本学園大学 高橋守雄記念ホール(14号館)
(住所:熊本市中央区大江2丁目5番1号

協力

熊本学園大学商学部
大学コンソーシアム熊本

応募方法

必須事項を明記の上【応募フォーム】から、または【ハガキ】でお申し込みください。

【必須事項】
住所/氏名/年齢/電話番号

【WEBからのご応募】
応募フォームはこちら

【ハガキでのご応募】
〒860-8516
熊本朝日放送「KABミライプラスワン」係

※応募多数の場合、抽選となります。
※当選者には1月31日(月)までに、メールまたはハガキで当選通知をお送りします。
※当日の観客席は、ライブ配信やテレビ番組、ニュースに写り込み、その他報道各社の写真などで使用される場合がありますのでご了承下さい。
応募締切

【WEBからのご応募】
2022年1月25日(火)23:59まで

【ハガキでのご応募】
2022年1月25日(火)消印有効

新型コロナウイルス対策にご協力をお願いします

  • 新型コロナウイルス感染症の状況によって中止または無観客(ライブ配信のみ)での開催になる場合があります。
  • 無観客開催の場合は、観覧予定者にもライブ配信のご案内をします。
  • 有観客の場合は、人数を制限して開催します。
  • 検温とマスク着用にご協力ください。体調の悪い方や体温が37.5℃以上の方は入場をお断りする場合があります。
  • 観覧後14日以内に新型コロナウイルスへの感染が確認された場合は、KABイベントまでご連絡をお願いします。

個人情報の取り扱いについて

  • 熊本朝日放送は個人情報の適正な取り扱いに努めています。詳細についてはこちらのページをご覧ください。
  • ご提供いただいた個人情報は、当社が管理し、本企画応募者の選出・案内・手配・連絡等は当社で行います。
  • ご提供いただいた個人情報は本企画応募者の選出・案内・手配・連絡等のためにのみ使用し、本企画終了後にすべて消去させていただきます。

お問合せ

KABイベント TEL:096-359-9051(平日 10:00~17:00)

応募フォーム

印のあるものは全て記入をお願いします。記入内容は間違いの無いように記述して下さい。

氏名* (例:熊本花子)
氏名(フリガナ)* (例:クマモト ハナコ)
学校名
学年
年齢*
郵便番号* (例:860-8516)
住所* (例:熊本県熊本市西区二本木1-5-12 KABマンション101号)
電話番号* (半角数字)
メールアドレス* (半角英数)