今月30日(水)の「テレメンタリー」はKAB制作【 継ぐ 〜天守復旧1269日〜 】
“復興のシンボル”熊本城を、未来に継ぐ人々に迫りました。

熊本地震で大きな被害を受けた熊本城。
あの日から1269日、進む復旧を追いかける中に、鯱の製作に取り組む鬼師や、最高峰の技を受け継ぐ石工、若手職人らの姿がありました。
城全体は20年はかかる難工事。しかし、その復旧が伝承の機会にもなっています。

今年10月、大天守の外観復旧が完了。特別公開では多くの人々が訪れ、目に涙をためました。
熊本城は”復興のシンボル”。
城を未来に継ぐ人たちの思いに迫ります。

10月30日(水)は深夜2時20分から放送。
また、11月2日(土)午後2時に再放送いたします。
ぜひご覧ください。