放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE【全て放送時点の情報です】

肩こりの緩和と予防

今回は、肩こりにまつわる特集をお伝えしました。

肩こりの権威でもある、熊本回生会病院 特別顧問 髙木先生にお話を聞きました。
そもそも肩こりには、典型的な肩こり、心因性の肩こり、
病気からくる肩こりの3つがあります。

その中でも典型的な肩こりは、「姿勢不良」と「筋力低下」が
肩こりの引き金になっていると言われているんです。

肩コリの引き金となる要因の一つ「姿勢不良」は
自分でチェックすることができるので試してみてください。


「かかとを壁につけた状態で自然に立つ」
頭、肩甲骨、お尻、かかとの4点がつく方は、
肩に負担がかからない、理想的な姿勢といえます。

また、熊本回生会病院 作業療法士 島崎先生の話では、
立っているときの姿勢はもちろん、日常生活の姿勢も大事とのこと。
立っているとき以上に、普段の生活は無意識になってしまうので
注意が必要ですね。

肩こりの引き金となる、もう一つの要因「筋力低下」については、
トレーニングがおすすめです。
熊本回生会病院では「PNFストレッチ」を指導しています。
アスリートの方もこのストレッチを取り入れているそうなんです。

熊本回生会病院のホームページで、動画が紹介されているので
是非チェックしてみてください。

また、島崎先生によると、筋肉をほぐしたあとにトレーニングをすると、
効率よく鍛えることができるそうなんです。

番組では、簡単にできるトレーニングをご紹介しました。


●姿勢を正した状態で立ち、壁に向かって手を伸ばす。
●腕立て伏せをするイメージで体を倒し、
肩甲骨を開くようなイメージで壁を押して体を戻す。

あごを上げたり、腰が引けたりしないように注意してください。
10回、5セットを目標にチャレンジしてみてください。

ストレッチとトレーニングで、肩こり知らずの体を手に入れてください。

問い合わせ