放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE【全て放送時点の情報です】

イタガキの益城町復興応援ボランティア Vol.17

様々な場所で解体工事が進む益城町島田地区。
今回イタガキの2人が出会ったのは、
来月の解体工事を前に、ごみの仕分け作業をしていた森永さんご夫婦。
地震で家は全壊。
広い敷地の中、たった2人で作業をしていました。

9月20日現在、益城町では災害ごみの搬入は
役場に申請してもらえる「災害ごみ搬入証」というものが必要となっています。
これには有効期限があるため、森永さんは急いで仕分けをしていました。

家具、家電、ガラスなど細かく分けられた項目ごとに捨てなければならない中、
イタガキの2人もお手伝いさせてもらいます。

作業を進める中で気づくのが、食器類の多さ。
森永さんに理由を聞いてみると、
なんと、平成11年に行われた「くまもと未来国体」で民泊をしていたのです。

17年経ったいまでも交流は続き、地震後にはお見舞いの品も届いたそうです。
作業は終盤。
軽トラック一杯になったごみを収集場へ運びます。

これだけ捨てても、全体のごくわずかな量。
1/10。いや1/100の量くらいかもしれません。
島田地区では、まだまだ人手のいる作業が続きます。
イタガキも少しでも、お役にたてるようがんばります。

各ページに記載している内容は、取材・放送及び掲載時点のものです。
ご理解の上、ご利用ください。