放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE【全て放送時点の情報です】

まちの5じまん[玉東町]

map_gyokutoumachi

[1]ぎょくとう勝手に宣伝隊

西南戦争の偉人たちの生まれ変わり(?)を名乗る3人組。
前世で玉東町を戦場にして荒らしてしまったので、そのお詫びに勝手にPRしているんだそうです。そんな玉東町のスーパー戦隊に「まちの5じまん」を教えてもらったのですが…!?
私は何回も会っていますが、やっぱり彼らが大好きですね(笑)

[2]ハニーローザアイス

1年間でわずか10日間ほどしか旬がなく、「幻のすもも」としてすっかりメジャーになってきた「ハニーローザ」。
今回は、旬を過ぎてもずっと食べていたい!という方々のために、「ハニーローザアイスクリーム」の紹介です。ハニーローザの酸味とアイスの甘みのバランスが絶妙で、あっという間に完食!果肉も入っていてこれからの季節、贈答用としても喜ばれること間違いなし!

[3]サトウキビ加工品

5jiman_150610_01まさか玉東町で「サトウキビ」が栽培されているなんて!
しかも、料理に使いやすいように加工されている!ふだん料理をしない私でも、こんなに「簡単に!素早く!おいしく!」作れちゃうなんて…サトウキビ、ありがとう!!
作っていらっしゃるのは「青葉の会」の一員の西村さん。きっかけは知人から「畑の隅に植えてみない?」と言われたこと。節の間から芽が出るらしいんですが最初は立てて植えればいいのか寝かせて植えればいいのかすらもわからなかったんだそうです。
7年間の試行錯誤の結果、ようやく黒糖が完成!女性目線の商品を!ということで黒糖で「カツ丼」や「チャーハン」「煮魚」なんてものまで作れちゃうんです!これは本当に助かります!
玉東町産のサトウキビ商品、注目です!

[4]山北八幡宮の仁王像

5jiman_150610_02実はこの仁王像、「足の間に頭を入れると風邪をひかない」という言い伝えがあるんだそうです。
およそ1300年の歴史を持つ山北八幡宮。その裏側にひっそりと2体の仁王像がいらっしゃいました。約250年前に「袖七」という人物が寄贈したと言われており、高さは2.18mにもなります。
目が不自由だったという袖七。「来世では相撲取りのように丈夫で立派な体に生まれたい」という願いが込められているんだそうです。そんな袖七の「健康への思い」が人々の健康をも守っているのかもしれませんね。

[5]手作りそば屋「木の葉」

5jiman_150610_03創業6年ながら、本物のそば屋!
「ざる蕎麦は蕎麦を食わせろ。かけ蕎麦はつゆで食わせろ。」を信条に、素材と製法にこだわってそばを打っています。
「そばは【そばの実】で80%決まる」とおっしゃるとおり、その時期に最も美味しい実・希少な実を仕入れる徹底ぶり。
また、「石臼手引き製法」という県内でもわずかな店しかやっていない製法で作るそばは、白く透き通っており私の中の蕎麦観を打ち壊してくれました。そこで教わったのは「そばを最高に美味しく味わうための食べ方」。初めて知ることばかりで驚きました。粋な食べ方って、食べている側も作った側も幸せになれるんだそうですよ!ちなみに、「蕎麦は音をたてて食べるのが礼儀!」だそうです!