放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE【全て放送時点の情報です】

まちの5じまん[苓北町]

map_reihokumachi

特産レタスの看板メニュー

5jiman_160120_01やってきたのは創業30年の「お食事処 いさりび」。
こちらには、年間3000トンもの「レタス出荷量」を誇る、苓北町の人気メニューがあるんです!
その名も「苓北レタスちゃんぽん」!野菜が350gも入っているのにも驚きですが、レタスだけで150g近く入っているとか!!これは驚きです!麺と一緒にレタスを食べるのが「いさりび流」とのこと。レタスのシャキシャキと麺が意外と合う!!
もともとレタス農家だったという女将さん。レタスへの愛情が天草地方のチャンポンと絡み合って誕生した看板メニューです。

お食事処 いさりび

【住所】天草郡苓北町上津深江383-1
【TEL】0969-37-0541

地図を表示する

[2]偉人の落書きがある寺

やってきたのは1592年創建、400年以上の歴史を持つ「鎮道寺」!
このお寺には、幕末の志士、坂本龍馬の師匠といわれる「勝海舟」が書いた落書きが残っているんです!
現在は時を経てかなり薄くなっていますが、よーーくみると、文字が書いてあるのが分かります!!

長崎での海軍演習中にこの地を訪れた勝海舟が、当時まだ訓練生だったにもかかわらず、「日本海軍指揮官 勝麟太郎」と肩書きをつけて自分の名前を落書きしています。
若かりし日の勝海舟が未来の自分に対する決意表明として遺した物だったのかもしれません。
勝は、翌年にも来訪し、今度は柱に歌を残していますが、こちらは当時、寺の者が勝海舟が書いた物だとは知らず、洗い落とそうとしたため、現在、ほとんど見えなくなっています。しかし、寺には勝海舟本人がこの歌を書き残した、直筆の書も残っています。「人との縁」を特に大切にしたといわれる勝海舟。この落書きを見に、現在も多くのファンが足を運んで来るといいます!

第18代住職の和氣さんは、「今も昔も非常に大変なご縁を作ってくれた人なんだなって思いますよ。落書きをされてありがたいと思ってますね。」とのこと。

鎮道寺

【住所】天草郡苓北町富岡2476-1
【TEL】0969-35-0045

地図を表示する

[3]鮮度にこだわるラーメン店

5jiman_160120_02「味千ラーメン苓北店」。こちらでは、チェーン店には珍しくオリジナルメニューが豊富でその数100種類以上!天草の新鮮な海の幸が堪能できるとあって、県内外の観光客からも大人気なんだそうです!

「前からあったわけではないんですけど、お客さんの要望に応えているうちに、少しずつ増えてきました。」と語るのは井伊さん。中でも、「どんぶり女子・樫山」の目に留まったのは【あじの漬け丼】!!注文が入ってからシメるという味は新鮮そのもの!臭みもなく、脂の甘味を感じられるので新鮮なのがわかります!!

もちろんラーメンもあります!ワカメなど、苓北産の食材を使った「苓北ラーメン」が人気!コチラも是非、味わってみてください!

味千ラーメン苓北店

【住所】天草郡苓北町坂瀬川2776-1
【TEL】0969-37-1043

地図を表示する

[4]県内唯一!浜辺に咲く花

富岡半島の巴崎にあるハマジンチョウ群落。ハマジンチョウとは、海岸に生育するジンチョウゲという意味で、枝葉の様子がジンチョウゲに似ている事から名付けられました。
日本では、5県(三重県、長崎県、熊本県、鹿児島県、沖縄県)でのみ自生地が確認されていますが、その内、三重県と熊本県ではそれぞれ1ヵ所ずつしか確認されていません。
木の高さは1~2m。海岸にだけ分布している珍しい植物で、1月~3月にかけて直径2~3センチほどの薄紫色の小さな花を咲かせます。
熊本県では1982年に天然記念物に指定され、1997年には、環境省が定める絶滅危惧種(レッドリスト)にも指定されました。
冬の海岸を選んで咲く、守りたい5じまんです。

ハマジンチョウ群落

【場所】富岡半島 巴崎(天草郡苓北町富岡)

[5]初窯出しで貴重体験!

5jiman_160120_03開窯40年以上の「内田皿山焼窯」。自社採掘の天草陶石を使った、暖かみのある作品を数多く手掛けています。その一方で、年間およそ5万個ものタコ壷を作っているという珍しい窯元なんです!ちょうどこの日は「初窯出し」!せっかくなので、見学させてもらいました!

焼きたての陶器を見ていると、不思議な音が…この「初窯出し」では、普段、職人さん達しか聞くことのできない、「陶器の鳴き声」を聞く事が出来るんです!
音の正体は「焼き上がった陶器が冷えて締まる瞬間の音」!代表の木山さんによると、「よく焼けている時はちょっと高い音が鳴るんですよ、金属音みたいな。で、焼き締まりが悪いと少し濁音になりますんで、ちょっと焼きが甘かったかなとか。」というように、この音は陶器の出来を見定めるバロメーターにもなっているそうなんです!

「少しずつひびが入って一人前の陶器になっていく―」
私も、陶器と一緒に大人の階段を登っていきたいと思います!!

内田皿山焼

【住所】天草郡苓北町内田554-1
【TEL】0969-35-0222

地図を表示する

各ページに記載している内容は、取材・放送及び掲載時点のものです。
ご理解の上、ご利用ください。