放送内容一覧BACK NUMBER ARCHIVE【全て放送時点の情報です】

老舗遺産「創業139年~山本屋食堂」

創業当時から南坪井町の現在の場所で営業している定食屋。
創業は明治10年。139年の歴史を誇る。

現在、店を継いでいるのは5代目の山本徳光さん。
姉が2人の末っ子長男ということもあり、自ずと店を継ぐことに。
代々繁盛していた店なので子供の頃から生活環境には恵まれていた。

創業のきっかけは、道を挟んで向かいにあった米の集積所。
初代の山本勘次郎は、荷車や馬車で米を納めにきた人のため、
肉丼と鯖煮定食の提供を始めた。
阿蘇市や菊池市から米を納めにきた人たちは、
現金収入を得て山本屋で食事をすることが、贅沢かつステータスだった。
記録に残っている範囲では、1日16俵分のご飯を炊いたことがあるくらい大人気の店。
馬肉を使った肉丼と鯖の煮物は現在も受け継がれている。
(二代目の時代にもらった「煮賣屋」と書かれた営業許可証が残っている)


そんな順風満帆な老舗も、熊本地震では少なからず被害も!
厨房では業務用冷蔵庫が動き、洗浄機や排水パイプも破損。
そんな災害に見舞われたにもかかわらず宴会場の座布団を被災者の方に配った。
現在の人気メニューは、創業当時から続く「鯖の煮物」「馬肉の旨辛煮」。

長い歴史の山本屋の将来を担うのは、6代目となる一人息子の徳系さん。
上京して割烹料亭で修行をして戻ってきている。

本人が嫌なのに無理やり継がせるとお互い不幸になるとの理由で『継がなくてもいいよ』と
言ってあるそう。でも6代目はやる気十分!
「自分も子供に継げとは言わないが、継ぎたいと思いたくなる店にしていく」という。
息子が継がなくても「なんとなくやっていて、なんとなく去るぐらいがいい」。
肩肘張らずに、お客さんのために1日1日料理を作っていくだけ。

人気メニュー

 

 

山本屋食堂

【住所】熊本市中央区南坪井町7-10
【営業時間】11:00~21:00(os.20:30)
【TEL】096-352-2900

地図を表示する

各ページに記載している内容は、取材・放送及び掲載時点のものです。
ご理解の上、ご利用ください。