くまパワ!

放送内容BACK NUMBER ARCHIVE

2021年2月18日(木)

【特集】コロナ禍で注目!ダブルワーク 県内では

コロナ禍で注目を集める「出向」や「副業」などのダブルワークを特集。

出前館で配達員をしている23歳の男性は、ダンスインストラクターとのダブルワーク。
デリバリーの仕事は歩合制ということで、需要が高まるにつれて、収入も増えているそうです。

熊本地震で被災し、建て替え中の日本料理店「城見櫓」は、2018年から従業員7人がさまざまな企業に出向しています。

店長は、同じ飲食業界の「紅蘭亭」へ。

今年4月のリニューアルオープン後は、出向経験を生かして、ダブルワークの人材なども受け入れていく予定です。

郷土料理店の「青柳」では、副業として働く東京のIT企業の社員を受け入れています。

月1回の“出社”で数万円の契約。

経理システムや予約システムのIT化を実現し、副業人材の可能性を感じて採用をすすめています。

出向・副業については、熊本市がマッチング会を3月に予定しています。

各ページに記載している内容は、取材・放送及び掲載時点のものです。
ご理解の上、ご利用ください。