2017/05/26のニュース

グランメッセ7月1日グランドオープン(21:00)

 地震で被災し復旧工事が続いている益城町のグランメッセ熊本が7月1日に全館で営業を再開する。
 グランメッセ熊本は地震で天井の一部が落下したり、窓ガラスが割れたりして営業ができなくなったあと、今年3月からコンベンションホールなど限られたゾーンのみで営業を再開した。その後、天井の軽量化や照明を固定する強度を上げるなどの復旧作業が進み、来月8日に完了する見込みになったことから、再来月の7月1日に全館で営業を再開することを決めた。
 来月21日にはマスコミ向けの内覧会が開かれるほか、25日にはプレオープンイベントとしてジャニーズの人気グループ「嵐」の松本潤さんらメンバー3人による課外授業が行われる予定。

くまモンジェットがデビュー(20:35)

 機体に大きくくまモンが描かれたチャイナエアラインの特別機「くまモンジェット」の運行が26日から始まった。
 第一便は、午後4時半すぎに熊本空港に到着。放水アーチで出迎えを受けた。国際線の到着ロビーでは、蒲島知事やくまモンがチャイナエアラインの謝社長らを歓迎した。第一便の乗客はほぼ満席。
 くまモンジェットは、台湾の航空会社チャイナエアラインが、熊本と台湾高雄を結ぶ定期便に導入たもので、機体には、くまモンのほかに台湾観光局の「オーション」と台湾高雄市の「ガオションション」の3匹の熊がデザインされている。 
 台湾高雄とを結ぶ定期便は、搭乗率が約8割と好調で、チャイナエアラインの謝社長は「将来増便する可能性もある」と話している。くまモンジェットの運航は今後2年間の予定。