2016/06/30のニュース

東海大農学部あす授業再開(19:44)

 地震で南阿蘇村にあるキャンパスが大きな被害を受けた東海大学農学部の授業があすから熊本市のキャンパスで再開されます。
 授業再開を前にきょうはガイダンスが開かれ、はじめに地震で犠牲になった3人の学生に黙祷がささげられました。休講が2か月半に及んだため、授業時間を延ばし、さらに夏休みを2週間短縮して授業の遅れを取り戻す計画です。
 実習は、県農業研究センターの農場などで行われます。
 東海大学では、阿蘇キャンパスの地盤調査などを進めていて、少なくとも2年間は熊本キャンパスで授業を行うとしています。

松橋事件の「再審」決定 (19:40)

 31年前の殺人事件をめぐり大きな判断が下されました。旧松橋町、現在の宇城市で起きた殺人事件で、熊本地裁はきょう、元受刑者の男性の再審請求を認める決定を出しました。
 1985年に旧松橋町で起きた殺人事件で有罪判決を受けた元受刑者の宮田浩喜さん(83歳)は、嘘の自白で有罪にされたとして2012年に再審請求をしていました。
 宮田さんの弁護団は、100点を超える新しい証拠を示し、宮田さんの冤罪を主張してきました。
 熊本地裁は、「客観的事実との矛盾が存在する疑いがあり、当時の自白の信用性が揺らいでいる。有罪認定に合理的な疑いが生じた」とし、再審を認める決定を出しました。