KAB

2019/11/17のニュース

設置を前に鯱に触れる(17:13)

今月23日の設置を前に熊本城小天守の「しゃちほこ」が、天守閣前広場に展示された。特別公開となった17日は、小天守西側に設置される1体が展示され、訪れた人たちが、直接しゃちほこに触れた。熊本城では、去年4月に、大天守の「しゃちほこ」の設置が完了。小天守でも、今月9日に東側の「しゃちほこ」の設置が終わっている。23日に残る西側の1体が設置されれば天守閣に全ての「しゃちほこ」が揃う。

熊本城下町菓子祭り(15:32)

熊本市の護国神社で「菓子祭り」が開かれた。明治時代に菓子の専門街としてにぎわった、熊本市中央区の新町で、お菓子の神様「入母屋造(いりもやつくり)」の祠が見つかり、護国神社に遷座して以来、開催されている。17日は、大勢の親子連れなどが会場に訪れ、蒸したての饅頭など地元のお菓子を味わって楽しんだほか、和菓子や洋菓子の手作り体験にも挑戦した。