KAB

2020/06/06のニュース

テクノ仮設団地のイオンが閉店(14:00)

益城町のテクノ仮設団地で営業を続けていたイオンが、6日に閉店となります。イオン益城テクノ仮設団地店は、周辺に食料品や日用品を扱う店がない事から、住民の利便性を高めるため、熊本地震後の2016年9月にオープンしました。しかし、仮設団地の入居世帯の減少など被災者の再建が進むのに伴い閉店が決まりました。最終日の6日は、朝のオープンから常連客らが次々と訪れ閉店を惜しんでいました。

子供たちがジャガイモの収穫体験(12:19)

子供たちに食と農業の大切さを知ってもらおうと、熊本市でじゃがいもの収穫体験会がありました。この催しはJA熊本市が主催し、参加した熊本学習支援センターの子供たちは、JAの職員らに収穫のコツを教わりながら、大きく育ったじゃがいもの茎を両手で持ち、勢いよく引き上げていました。およそ1トンのじゃがいもが収穫され、参加者に配られたほか、熊本市内の子ども食堂にも提供されるということです。