KAB

2020/03/27のニュース

8人目 感染経路未だ不明(17:59)

熊本市によると、県内8人目の感染が確認された70代の男性は、現在入院中で、酸素投与を始めるなど、症状が重症化しつつある。感染経路も、依然、不明のまま。一方、午後3時現在で、男性が寝泊まりしていた施設の従業員や利用者、男性の友人など、検体検査が実施された69人で、全員が陰性であることが確認されている。男性が滞在していた熊本市東区の温浴施設「ピースフル優祐悠」では、2日間に渡る消毒を終え、28日午前5時から営業を再開するとしている。

県内経済に影響広がる(17:30)

新型コロナウイルスによる県内経済への影響がさらに広がり始っている。大津町にあるホンダ熊本製作所が、4月13日と14日の2日間、二輪車の生産を休止すると発表した。理由について「ヨーロッパでの販売減少に伴う生産調整」と説明している。部品加工などを行う他のラインは、通常通り稼働する。一方、熊本市の鶴屋も来月3日間の臨時休業に加え、営業時間の短縮を発表した。臨時休業は、来月7日、21日、28日のいずれも火曜日で、東館の制服受け渡しコーナーのみ7日も営業する。営業時間を短縮するのは4月10日・11日と17日・18日、24日・25日(いずれも金曜と土曜)で、30分短縮し、午後7時に閉店する。「感染拡大防止に加え、業務の効率化、従業員の健康確保の観点から判断した」と説明している。