開催日時
平成29年5月10日(水)午前10時30分~12時00分
開催場所
熊本朝日放送3階役員会議室(熊本市西区二本木1丁目 5番12号)
委員の出席
原幸代子委員長 鹿瀬島正剛副委員長 石﨑眞弓委員 西田慎介委員 楠元香代子委員 杉本学委員 欠席:青柳雅之委員(レポート提出)
会社側出席者
磯松浩滋代表取締役社長 坂口正純取締役総務・放送番組審議会担当総務局長 岩下範之取締役編成・報道制作担当 塩田賢俊報道制作局長 松本輝彰編成局次長 細谷英宣報道担当部長 筒井孝彦報道デスク 矢島 誠放送番組審議会事務局長
議題
(1)課題番組について
   「スーパーJチャンネルSP 相次いだ震度7~熊本地震から1年~」
   4月14日(金)15:50~16:50放送
(2)平成29年5月 単発編成
   平成29年4月 視聴者応答状況報告
(3)2016年度下期 番組種別・CM総量〈報告〉
(4)その他
議事の概要
〇熊本地震から1年というタイミングで全国に放送できた事は意義深い。
〇阿蘇大橋付近で行方不明になった息子を探す親子の様子は、東日本大震災の津波で家族が行方不明になった人たちも共感を持つことができたのではないか。
〇全国の人がわかりやすいよう構成されていた。
〇今後も復旧・復興の過程を伝え続けてほしい などの意見や批評をいただきました。
加えて、審議会に対し、2016年下期の番組種別とCM総量についての報告をしました。