新型コロナウイルスと知事選谷口寿宣

谷口寿宣

3月22日に投開票が予定されている知事選。
新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されている中で、
異例の選挙戦となっていますが、すでに期日前投票は始まっています。

先日、熊本市の期日前投票所で取材しましたが、対策もなされていました。

筆記具は、使用後には毎回アルコール消毒で拭き取り、
筆記具や記載台を拭くなどの措置が取られているとのこと。
投票用のえんぴつは、持ち込みも認められています。

こういった状況で、
知事選への関心の低下、それに伴う投票率の低下なども懸念されますが、
報道するメディア側としては、いろんな視点から知事選について伝えたいと考えています。

「くまパワJ」など我々の番組はもちろんですが、
それだけでなく様々なニュースを通じて、
これから4年間の熊本のリーダーを選ぶ参考にしていただければ幸いです。